ランダムフォレストとは

ランダムフォレストは、機械学習の手法であり、主に分類や回帰といった問題を解決するために用いられます。

この手法は、「決定木」と「アンサンブル学習(バギング)」という二つの手法を組み合わせることによって成り立っています。

決定木とは

決定木は、Yes/Noの質問を連続的に行いながら、最終的に正解にたどり着く仕組みです。

これによって、データの分類や予測が行われます。

アンサンブル学習とは

アンサンブル学習は、複数の学習アルゴリズムを組み合わせることで、より高い予測精度を得る手法です。

一つのモデルだけを使うよりも、複数のモデルを組み合わせることによって、より強力なモデルを構築することができます。

分類の場合は、多数決によって最終的な結果を決定し、回帰の場合は複数のモデルの結果の平均値を取って予測を行うことが一般的です。

ランダムフォレストの構成要素

ランダムフォレストでは、具体的には「バギング」というアンサンブル学習手法が使用されます。

バギングは、「ブートストラップ (Bootstrap Aggregating) 」と呼ばれる手法を用いて、複数のモデルを並列に学習させる手法です。

ブートストラップとは、元のデータから復元抽出を行い、新たなデータセットを作り出すテクニックです。

これにより、異なるデータセットを用いて複数の決定木を学習し、最終的に結果を統合することが可能となります。

ランダムフォレストとブースティングの違い

ランダムフォレストは、データセットごとに複数の学習器を生成するアンサンブル学習の一種です。

分類の場合は多数決を取り、回帰の場合は結果の平均値を出して最終的な予測を行います。

一方、ブースティングは、複数のモデルを直列に学習させる手法です。

バギングのように学習器を複製するのではなく、前のモデルの結果を参考にして次のモデルを構築します。

これにより、逐次的に予測精度を向上させることができます。

ランダムフォレストとは

ランダムフォレストは、高い予測精度を得るために複数の学習器を組み合わせるアンサンブル学習方法です。

この手法では、以下の手順でアルゴリズムが進行します。

  1. ブートストラップデータセットの作成: 元のデータから、重複を許してランダムに抽出されたn個のサンプルの集合であるブートストラップデータセットを作成します。
  2. 決定木の生成: ブートストラップデータセットからn個の決定木を生成します。

決定木は、データの分類や回帰分析を行うための木構造のモデルです。

  1. 特徴量の選択: 決定木を生成する際に、全ての特徴量の中からランダムにm個の特徴量を選択します。

これにより、各決定木は一部の特徴量しか考慮せずに学習を行います。

  1. 予測結果の算出: 分類の場合は、n個の決定木の多数決を最終的な予測結果とします。

回帰の場合は、n個の決定木の予測値の平均を最終的な予測結果とします。

これにより、各決定木が異なる方向に過学習している傾向を平均化し、過学習の度合いを低減します。

ランダムフォレストの特徴

ランダムフォレストでは、ブートストラップデータセットの作成および特徴量の選択にランダム性があります。

これにより、生成される決定木は互いに独立したモデルとなります。

このため、モデル間の相関を低くし、予測の精度を向上させることができます。

また、ランダムフォレストのメリットとしては、大量のデータに対しても高速に学習および予測が可能であり、次元が増えても効率的に学習が行える点が挙げられます。

さらに、特徴量の正規化や標準化が必要ないという利点もあります。

一方、デメリットとしては、決定木による過学習のリスクが高いことが挙げられます。

また、学習データが少ない場合には予測精度の向上が難しいかもしれません。

ランダムフォレストは、マーケティングの分野でも活用されています。

例えば、特定の条件を満たす優良顧客を絞り込むために使用することができます。

ランダムフォレストを用いた顧客行動データ分析が効率的な優良顧客発見をサポートする

ランダムフォレストは、顧客の行動データを分析して、優良な顧客を効率的に見つける手法です。

この手法を活用することで、時間と労力を節約しながら、優良顧客の増加を目指すことができます。

デジタルマーケティングでは、Webサイト上のユーザーのアクセス履歴や登録情報を利用することがあります。

この際に、ランダムフォレストを使用すると再訪したユーザーに対して、そのユーザーの閲覧履歴に基づいた商品を推奨したり、初回限定の割引オファーをポップアップ画面に表示したりすることができます。

関西デジタルソフト株式会社では、このランダムフォレストの活用事例として、「毒キノコ検知システム」を開発しました。

ランダムフォレストを用いた「毒キノコ検知システム」でキノコの安全性を判断する

「毒キノコ検知システム」は、キノコの傘の形や色、表面の状態、ひだの色、匂いなどの質問にユーザーが答えることで、そのキノコが食べられるかどうかを自動的に判断するシステムです。

例えば、傘を食べ物に例えると、平らな形をしていて茶色で無臭である場合は、「安全に食べられる」と結論されます。

逆に、赤色で刺激的な臭いがする傘は、「毒キノコの可能性が高い」と判断されるでしょう。

このシステムは、多くのキノコのデータを学習し続けることで判別の精度が向上します。

実際には数千種類もあると言われているさまざまな種類のキノコを継続的にデータとして取り入れ、学習させることで、より実用的な判断を行うことができます。

また、この新システムは、既存のパソコンでも使用することができます。

以前は新しいシステムを導入するためには新しいハードウェアが必要でしたが、このシステムは既存のパソコンの環境でも利用することができます。

それにより、手軽に安全性を判断することができるようになります。

 

 


【みんなの投票】機械学習用語、あなたのお気に入りBEST3は?(3つまで回答可)
  • →(該当する答えがない)選択肢を新たに追加する

機械学習用語集

ディシジョンツリーの活用例とその重要性データセットの概要データマイニングとは
データ解析の手法とは?違いや用途について詳しく紹介しますハイパーパラメータとは何かバスケット分析とは
ランダムフォレストとはロジスティック回帰分析とは回帰分析:ビッグデータの解析において重要な手法
教師なし学習の手法とその有効性について教師あり学習の重要性と応用欠測値(欠損値)の定義とは?問題点は?
重回帰分析の活用事例と注意点とは線形回帰は、未知のデータを予測するための統計的な手法特徴量エンジニアリングの重要性と具体的な手順
半教師あり学習の基本手法とはダミー変数の重要性と使い方サポートベクターマシン(SVM)の特徴と使われ方
アンサンブル学習:異なる弱学習器を組み合わせて予測精度を向上させる手法データクレンジングは本当に大切なのか

Follow me!